用語集

線引小切手とは?

小切手の表面・右肩または左肩に2本の平行線を引いたもの。横線小切手ともいう。平行線のみまたは平行線内に「銀行」や「BANK」の文字を記載した一般線引小切手と、平行線内に特定の銀行名を記載した特定線小切手とがある(小切手法37条)。小切手は振出人の委託を受けて、銀行が小切手の所持人または名宛人に対し支払いをするものであるが、線引小切手はこの支払いをする対象を「銀行」または「支払人(銀行)の取引先」に限ることで、紛失や盗難などの不正な所持人に支払う危険を防止するための制度である(小切手法38条)。

弊社の人気おすすめ!コンテンツ

→手形割引ガイド
→手形の割引料の目安やシミュレーション
→手形の裏書とその訂正の仕方(PDF)
→電子記録債権(でんさいの)割引TOPページ
→ビジネスローンや売掛債権担保ローンなどのご融資について