不動産担保ローンのご案内

不動産担保ローンとは、土地や建物に抵当権や根抵当権を登記して銀行などの金融機関やノンバンクの貸金業者から融資を受けることを言います。 事業者向けの不動産担保ローンでは会社名義の土地や工場、事務所などの不動産だけでなく、代表者や役員の個人の名義になっている不動産を 担保提供して融資を行うことも多くあります。会社や役員所有の不動産に担保余力がある場合は、おすすめです。
一般的に住宅ローンと呼ばれる個人の方が住宅を買う際に借りるローンとは異なります。 売却した時の価格を参考にするなど、不動産の評価によって融資する金額が決定し、大きな金額を調達可能で、返済は半年から3年以上の長期での返済も可能です。 売掛債権担保融資と組み合わせることなども可能です。

神奈川県海老名市に本社がある事業者金融の老舗、栄光商事株式会社の不動産担保ローンは不動産を担保に大型資金など低金利(実質年率9.0%〜15.0%)にて保証人不要で長期返済(5年以内)可能です。弊社の場合、個人所有の不動産でも借主が法人又は個人事業者ならば融資可能です。ただし、借主が個人で資金使途が事業に関係のない資金の場合は、ご融資できませんのでご了承ください。なお、不動産業者の方へのご融資も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

商品名不動産担保ローン
ご融資対象

近郊の法人または個人事業者

(不動産業者の方も可能です)

ご融資可能額 100万円〜5,000万円
貸付利率年8.0%〜13.5%
事務手数料融資金額の3%以内
実質金利 年9.0%〜15.0%以内
貸付条件不動産担保・保証人付(法人の代表者のみ)
返済方法一括・元利均等・元金均等・自由返済
返済回数 1回〜60回以内
返済期間 5年以内
対象地域 神奈川県 東京都 静岡県 埼玉県 愛知県 山梨県 群馬県 栃木県 長野県 宮城県 山形県 福島県 新潟県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 滋賀県 三重県 奈良県 京都府 和歌山県 大阪府 兵庫県など関東、南東北、中部、近畿地方

利息以外に掛かる費用

収入印紙、事務手数料、登記費用
遅延損害金年20.0%以内
必要書類 本人確認書類、決算書、対象不動産の登記事項証明書・公図・納税証明書、印鑑証明書など(詳しくは担当者からご説明いたします)

不動産担保ローンのメリット・デメリット

  • メリット
  • ・無担保のビジネスローンなどと比べて高額な融資が受けられ、返済期間も長く設定可能。

    ・契約時に手数料は発生するものの約定金利は低くなる。

    ・不動産所有者が担保提供のみで連帯保証人とならずに済むことがある。(代表者は連帯保証人となります)

  • デメリット
  • ・不動産の調査など融資実行までに少し時間がかかる

    ・何らかの理由で返済が不可能になった場合はその不動産を売却や競売で手放すことになる

    ・契約時に融資手数料や登記代などの諸費用や途中解約時には違約金が発生することがある


お申込みから融資実行までの流れ

迅速にお客様の資金ニーズにお応え致します。

  • ご融資決定には所定の審査を行いますので、ご希望に添えない場合もあります。
  1. step 1 お申込み
    まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
    お急ぎの方はお電話下さい。 営業担当がご応対いたします。
    フリーダイヤル: 0120-132-232
    フリーファックス: 0120-832-632
  2. step 2 審査
    必要書類を受理後48時間以内に審査結果をご連絡いたします。
  3. step 3 融資実行
    出来る限りご希望にそえるよう融資を実行いたします。

ご融資の返済例

  

    ご融資例

    ご融資プラン:不動産担保ローン

  • ご融資金額:1,000万円
  • ご融資期間:1ヶ年(365日)
  • 年率:13.5%
  • 契約時手数料:1.5%(融資金額に対して)
  • 実質年率:15.0%
  • ご返済方法:元金一括
  • ご返済回数:利息:1ヶ月ごとに12回 、元金:最終返済日に1回
  • 主な返済例

  • 初回手数料 ¥150,000-(契約時のみ)
  • 毎月利息 ¥110,958-
  • (1ヶ月の日数が30日の場合。実際は日数によって変動します)

  • 合計利息 ¥1,350,000-(1年365日の場合)

貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

お急ぎの方はお電話で

Webフォームでお申込はこちら

メール送信でお申込はこちら

LINEでチャット相談はこちら

Line