エリア情報

スマホで簡単審査

福岡の金融経済概況、2018年4月発表概要

日本銀行、福岡支店の発表によると
九州・沖縄の景気は、しっかりとした足取りで、緩やかに拡大している。
最終需要の動向をみると、個人消費は、雇用・所得環境の改善を背景に、緩やかに増
加している。公共投資は、高水準で推移している。設備投資は、増加している。住宅投
資は、熊本地震の復興需要が続く中、低金利環境等を背景に、高水準で推移している。
輸出は、自動車や半導体関連を中心に高水準で推移している。
こうした中で、生産は、旺盛な海外需要を背景に高水準で推移している。雇用・所得
情勢をみると、労働需給は着実な引き締まりを続けており、雇用者所得は緩やかな増加
基調にある。
3月短観における企業の業況感は、良好な水準を維持している。
先行きについては、国内外の需要に支えられて前向きな循環が続いていくことが期待
されるが、人手不足が供給面に与える影響等に留意する必要がある。